指輪の素材とデザイン


結婚指輪のデザインは基本的に挙式の3か月前までには決めておくのが一般的です。3か月をきってしまうと準備が本格的に忙しくなってしまい、時間に余裕がない状態で選ぶことになるので選ぶ際には半年ほど前から検討をしておいた方が良いでしょう。基本的に決めておくのはデザインが主です。こちらは結婚をする当人同士の希望に添うために価格等と照らし合わせて一番条件に合う物を選ぶためです。デザインには主に3つのラインがあります。ウェーブラインストレートラインV字ラインとあります。基本的にこの3つのデザインから選び、着け心地良いものをつけましょう。最初は気に入って決めた指輪でもデザインに飽きてしまったと結婚から時間がたつと思う時がきます。デザインに関しては気に入った上で飽きのこないものを選ぶと良いでしょう

指輪には様々な素材の種類があります。主にプラチナホワイトゴールドピンクゴールドイエローゴールドが主流です。色によって輝き方や色による印象が変わりますので、こちらは結婚するお二人で相談して好みの物を選ぶのが良いでしょう。プラチナは上品でイエローゴールドはファッショナブルなどの印象がありますのでラインと素材の組み合わせでも面白いです。結婚指輪は二人のものなので二人で納得する準備をしましょう。